Avatar

italki

  • 合計アクティビティ 1171
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 71ユーザー
  • 投票 366
  • サブスクリプション 683

記事

italkiによる最近のアクティビティ 最近のアクティビティで並べ替え 最近のアクティビティ 投票
  • 2022年7月 italki 講師ニュースレター

    新機能と開発状況:    先生の機会   新機能をご紹介します。生徒候補があなたのプロフィールを見たり、先生としてあなたをお気に入り登録した場合、その生徒のプロフィールを見るこ...

  • 生徒さんの言語が話せない場合の日本語の教え方

    日本語講師のみなさん、こんにちは! 今回は、「生徒さんの言語が話せない場合の日本語の教え方」について考えてみたいと思います。私が授業で実践してみて効果的だった教え方のポイントを3つにまとめました。   絵カードやレアリア(実物)などの視覚教材を使う 「百聞は一見にしかず」ということわざのとおり、一枚の絵は一語の価値があります。 絵カードや写真、レアリア(実物)などを大いに活用しましょう...

  • 優れたitalkiヘッドラインのための10のヒント

    italkiプロフィールのヘッドラインを設定した先生は、平均してプロフィールのクリック数が3倍になり予約も増えました! italkiのヘッドラインを書くとき、多くの先生はトレーニングや経験、統計などを列挙し、ビジネスライクなアプローチをとります。それはやってくる生徒に必要なことを手早く伝えるにはとても良い方法です。しかし、より良い方法はないでしょうか?プロフィールのヘッドラインは、あなた自身...

  • 2022年6月 italki 講師ニュースレター

      新機能と開発状況:    italki 言語テスト   テストは生徒の上達を確認するための素晴らしい方法です。 また語学検定は他の日本語教師との差別化に役立ちます。 ...

  • 2022年5月 italki 講師ニュースレター

        先生向けitalkiエキスパートシリーズ:   生徒は自分が進歩していることを知ると授業に来続け、 再予約は教師の成功のカギとなります。エキスパート講師のMayoが、 生徒の進歩状況を把握し、...

  • 生徒と信頼関係を築くためにできること

    皆さん、こんにちは!かなこと申します。 私は講師歴が約1年半と短く、まだまだ学ぶことが多いです。知識も経験も豊富とはまだ言え ない私ですが、一緒に学び続けてくれている生徒がいることは、大きな励みになっています。 生徒と信頼関係を築けると、長期リピーターになってもらえることにつながります。また、お互 いに何でも話しやすい・聞きやすい雰囲気ができて、1つ1つのレッスンが楽しく、内容が濃い ものに...

  • レッスンのピーク時間を提供する

    学生を引き付けるには、学生にとって都合の良い時間に利用できる必要があります。こちらが 英語圏の学生のための上位6つのレッスンのピーク時間(UTC +0)のリストです。 市場(学生の居住国)  レッスンのピーク時間(UTC+0) アメリカ  00:00~04:00, 23:00~24:00 日本  00:00~13:00 イギリス  06:00~14:00, 16:00~19...

  • 2022年4月 italki 講師ニュースレター

        先生のためのitalkiエキスパートシリーズ: エキスパート講師のTamakiが、日本語の文字の指導において 大切なことを見落とさないようにアドバイスしています! さらに詳しく >>> 新機能と開発状況: ...

  • レッスン後のフィードバック、何を書くべきなのか

    1。レッスンのジャンルを書く 会話/ 文法/ リスニング/ 読解/ ビデオ視聴/ 翻訳 などのジャンルをフィードバック冒頭に書いておくと、レッスン内容の偏りに簡単に気づくことができます。 2。 今日できるようになったことを書く 今日、できるようになったこと、途中で終わってしまったことのメモは学習者へだけでなく、自分への伝言/あるいは他の先生への伝言としても役立ちますね。 このような内容を書い...

  • 日本語の文字を教える時に、知っておきたい大切な4つのこと」を述べようと思います

    こんにちは! 今回は、「日本語の文字を教える時に、知っておきたい大切な4つのこと」を述べようと思います。   1 文字についての紹介 まず、日本では、3つの文字を使うことを生徒さんに紹介しましょう。 ひらがな、カタカナ、漢字それぞれの成り立ちや歴史について、簡単でいいので説明するといいでしょう。 そして、ひらがなとカタカナ、漢字の使い分けについても説明しましょう。 ひらがなは、日本のものに対...